閉じる
  1. ジェネリック医薬品について
  2. バイアグラのジェネリック医薬品を公開!
閉じる

不感症の女性にはフリバンセリンという手もある!

仕事が忙しく、ストレスが溜まっていて、身体が疲れていて、などの理由でまだこれからという年齢でEDになる男性も多くなりましたが、女性だって仕事に育児に家事にと忙しい毎日を送っているのです。
女性の不感症を治すための女性用バイアグラというのもあります。有名なのはラブグラなど、媚薬的感覚で使用するのです。

不感症対策にはフリバンもあります。有効成分のフリバンセリンが女性の性的欲求低下障害の改善に役立つのです。
ラブグラなどと異なり、脳内に働きかけて性欲そのものを増進させてくれるのです。

フリバンセリンには脳内の神経伝達物質のドーパミンやノルアドレナリン・セロトニンバランスを変化させる効果があります。
継続服用により、快楽物質のドーパミンが多く分泌され快楽度や意欲が高まります。
ノルアドレナリンが増えて心拍数と血圧が上がり、血の巡りが良くなります。鎮静作用を持つセロトニンの分泌量が減って性欲の低下が抑えられます。
特に閉経前・更年期障害前の女性に高い効果をもたらしてくれます。
バイアグラなどと違って就寝前に1日1錠、4週間から8週間は続けなければなりませんが、年齢を重ねてもパートナーとのセックスを楽しみたいという方におすすめです。
媚薬よりも確実な効果を期待できます。

もともと抗うつ剤として開発された医薬品であるフリバン、後発医薬品のため価格は低めです。
そのため、数ヶ月続けなければなりませんが費用の面であきらめる必要はないでしょう。

フリバンは、日本では販売されていない医薬品のため、個人輸入代行業者を通じてネットでの購入となります。
信頼できる業者を選べばネットショッピングと変わらない手軽さで手に入れることができますし、病院で処方してもらうのと違って恥ずかしい思いをすることもありません。
不感症のまま性行為を続けていても、痛みで更にいやになり、不感症は悪化していく一方です。
パートナーとの関係を円滑に保つためにも試してみてください。ただし、副作用も多い薬のためくれぐれも注意しましょう。

女性用バイアグラとはここが違う!

女性用の性欲増進剤としてフリバンセリンやフリバンがあります。
アメリカで製造された性的欲求低下障害に効果があるとされている薬です。
男性用のED治療薬とは違って毎日服用することによって、不感症などの症状を改善することが可能です。

尚、この薬を服用したからといって達しやすくなるというわけではなく、あくまで補助的な作用を行います。
性的欲求低下障害の治療効果があり、女性に向けて開発されました。
性欲が以前よりも低下してしまったりパートナーとの性行為が以前ほども少ないなど、性欲そのものがなくなっている人に向いているでしょう。
スキンシップの回数が減ることによりパートナーとの関係に支障が出るケースも少なくありません。
フリバンセリンやフリバンは神経伝達物質を介して性欲を高めることが可能です。

特に閉経前や更年期障害前の人のおすすめで、世界中で多くの女性が利用しています。
女性用バイアグラであるラブグラと違って性行為の前に服用するのではなく、継続服用することになります。
フリバンは正規品の1/10ぐらいの価格で購入することができ、通常毎日1錠寝る前に服用します。

アルコールと併用するのは厳禁で、妊娠中の人や他の薬を服用している場合は医師に確認したりなるべく避けた方が良いでしょう。
閉経後や肝障害のある人・重度の腎障害のある人は服用すると血中濃度が増加するケースがあるので注意が必要です。
最新の女性用バイアグラとよく似た効果を得ることができ、比較的リーズナブルな価格で購入することができるので評判が高く、周囲の人に相談できないような悩みを持つ女性から特に喜ばれています。
インターネットを利用するとプライベート梱包で注文することが可能です。

おすすめ記事

  1. バイアグラのジェネリック医薬品を公開!
  2. ジェネリック医薬品について
ピックアップ記事
  1. ネット通販を利用すれば、バイアグラといったちょっと普通では購入しにくいものも、手軽に手に入れる事が出…
  2. 仕事が忙しく、ストレスが溜まっていて、身体が疲れていて、などの理由でまだこれからという年齢でEDにな…
  3. 性に関する悩みと言えば男性のEDがあげられます。実際に性の悩みと言えば男性をイメージされる方は多…
ページ上部へ戻る